☆季節のお花☆

皆様こんにちは

いつも京都洛東迎賓館のブログをご覧いただきまして、ありがとうございます。

今週末よりついにゴールデンウィークが始まりますね

ご旅行に行かれる方、お家でゆっくりお過ごし予定の方、お仕事の方…など、

皆様それぞれのご予定がおありかと思いますが、満喫して頂けると幸いです。

 

さて、本日は当館に咲きました季節のお花のご紹介をさせていただきます。

昨日はとても暖かくて過ごしやすかったですが、お花もその気温が心地よかったのか例年よりは少し早く咲きました

こちらは【クレマチス(てっせん)】です。

花名のクレマチスは、ギリシア語の「つる」に由来し、修景用のつる植物として人気が高く「つる性植物の女王」とも呼ばれているそうです。

花が大きいのも特徴です

白以外にも「紫」や「ピンク」のお色もございます。近くで見るととてもかわいいですよ

こちらは【小手毬(コデマリ)】です。

花名の小手毬(コデマリ)は、小さな花が丸く集まり手毬のように見えることから名づけられたそうです。また、その花姿を鈴に見立てた鈴懸(スズカケ)の別名もあります。

純白の小さい花が丸く集まった姿は美しく気品もあり、花言葉の「優雅」「上品」もその花姿にちなむと言われているそうです。

こちらは【大手毬(おおでまり)】です。

小手毬に比べると花の大きさが違いますが、見た目はとてもよく似ています。

また、遠目で見ると一見【紫陽花(あじさい)】にも似ているので、近くで見ないと見分けがつかないかもしれません

日本庭園の緑もきれいに茂ってまいりましたので、季節のお花を見にぜひお越しくださいませ。

お待ちしております

Leave a Reply