きょうかのこ

皆さまこんにちは

いつもブログをご覧いただきありがとうございます

前々回、他のスタッフがお花の紹介をしておりましたが、

また別のお花がキレイに咲きましたので、ご紹介したいと思います

車寄せに咲いている、【蛍袋(ほたるぶくろ)】というお花です

その名の通り、袋のような鐘のような・・・英語では『bellflower』、鐘の花というそうです

近づいて見ると斑点があり、どうもイカを連想してしまうのですが・・・私だけでしょうか

ホタルイカ・・・という単語がどうしても頭に浮かんでしまいます

皆さんもぜひ近くでじっくり見てみてください!

きっとイカに見えて来ると思いますよ

 

また、写真の右奥にうっすらとピンク色が見えているのがお分かりでしょうか

こちらは【京鹿子(きょうかのこ)】、初夏のお花です

繊細で控え目ですが、独特の存在感があります

京鹿子とは、京都で染めた『鹿の子絞り』という絞り染めの一種で、

鹿の斑点のような模様をぎっしり並べた、ピンク色の絞りのことだそうです

 

他にも、【しもつけ】というお花も咲いています

車寄せには紅白(ピンクがまだつぼみで少し分かり難いですが・・・)、

洋風ガーデンには白色があります

 

普段は見過ごしてしまいがちですが、探してみると楽しいですね

皆さんも、ひっそりと咲いているお花たちをぜひ見つけてみてください

Leave a Reply