京都洛東迎賓館

TOP > JAZZ Night in 洛東迎賓館

JAZZ Night in 洛東迎賓館

JAZZ Night in 洛東迎賓館
Vo.吉田真理子 Gt.能勢英史 Ba.井手厚

2020年2⽉19⽇(水)
18:00 受付 / 18:30 ディナー開始 / 19:45 ライブ開演 / 21:00 終了予定

お⼀⼈様 12,000円 (税・サ込) / 創作コース料理(フリードリンク付)

関西を中心に活躍する吉田真理子(Vo.)と
能勢英史(Gt.)、井手厚(Ba.)、3人のアーティストが
京都洛東迎賓館にて心躍るグルーヴを奏でます。
レストラン秀岳の創作コース料理とともに、
思い出に残るジャジーな夜をすごしませんか?

Profile

  • 吉田 真理子(Vocal)

    吉田 真理子(Vocal)よしだ まりこ

    幼少期よりクラシックピアノに親しみ、学生時代にブラスバンドを経験したことがきっかけでアンサンブルの素晴らしさに魅惑され、自身でバンド活動を始める。Blues、soul、Rock、様々な音楽を経て、後にJAZZと出会いvocalに転向、現在、関西のジャズクラブ、ホテル、イベント・パーティーなどで活躍中。2018年 神戸ジャズボーカルクイーンコンテストファイナリスト。同年、San Franciscoにて、Dena DeroseのJAZZワークショップを修了、音楽の大きな力を信じ、独自の世界を追及しながら、心に響く歌を目指して活動中。

  • >能勢 英史(Guitar)

    能勢 英史(Guitar)のせ ひでふみ

    兵庫県生まれ。音楽専門学校を卒業。19歳の頃よりジャズクラブで演奏するようになり、国内外多数のプレイヤーとのセッションを経験。アコースティックな歌伴奏から、エレクトリックなオルガントリオ、またビッグバンドまで様々な編成において、そのプレイが注目を浴びる。宮下博行氏とのデュオアルバム「conversation」では、ピアノとギターのみで叙情的なインタープレイを披露。その柔軟性を示す。さらに近年、ジョージ・ヴァン・エプスに魅せられて7弦ギターに転向。

  • 井手 厚(Base)

    井手 厚(Base)いで あつし

    1959年、大阪生まれ。15歳でエレクトリック・ベースを始め、19歳でプロ入り。ロック、ソウルバンドを経てのち、ジャズにめざめ、神戸の小曽根 実ピアノトリオでウッド・ベースを弾き始める。半年後にジャズ・イン・神戸にテレビ出演。その後もジャズ、フュージョン、ロックポップス、そしてピアノ・デュオからビック・バンドまでジャンルにとらわれない音楽活動を開始。ウッド・ベースとエレクトリックベースを弾きこなす数少ないべーシストのひとりである。現在は神戸のソネ等、関西のライブ・ハウスを中心として、活躍する一方、アロージャズ・オーケストラ・ミュージックスクールの講師をつとめる。常に自分の力を100%発揮し、みんなの心に響くプレーを目指す。

ご予約はこちら

【お電話でのご予約】

TEL.075-581-0001

10:00〜19:00
定休日:月曜(祝⽇の場合は翌火曜)

お申込み締め切り:2⽉16⽇(日)
完全予約制

京都洛東迎賓館 レストラン秀岳 京都市山科区竹鼻堂ノ前町35-1