その他

夏季休館のお知らせ

カテゴリー その他

夏季休館のお知らせ

皆さま、こんにちは。
いつも京都洛東迎賓館スタッフブログをご覧いただきありがとうございます。

誠に勝手ながら、7/31(月)~8/3(木)まで夏季休館とさせていただきます。
8/4(金)より通常営業いたします。

お急ぎの場合は、info@kr-geihinkan.com までご連絡くださいませ。

ご迷惑をお掛けいたしますが、何卒よろしくお願い致します。

 

消防訓練Day!!

カテゴリー その他, スタッフ

皆さま、こんにちは。

いつも京都洛東迎賓館スタッフブログをご覧いただきありがとうございます。

梅雨明け宣言もあり、いよいよ本格的な夏がやってきますね。

 

そんな夏空の中、スタッフ総出で消防訓練を実施いたしました!

 

非常時の役割分担の確認や誘導の練習、消火器の使用方法確認など

消防署の方にもお越しいただき、本格的に練習することができました。

 

もちろん、万が一の事態は起こらない方がいいのですが、

普段からの心構えと準備が大事だと再確認した時間でした。

 

「備えあれば患いなし」ということで、

これを機に自宅の防災チェックもしてみようと思います!!

 

 

山科歴史街道 (京都洛東迎賓館近隣)

カテゴリー その他, 京都洛東迎賓館について

4月14日(金)
春の日差しが、心地よいと感じる季節が訪れて来ました。

今回は、京都洛東迎賓館発信で、近隣の歴史を簡単に紹介します。

京都洛東迎賓館の裏道には、有名な作家 志賀直哉氏の旧居跡があり

桜が咲く場所に石碑があり、多くの人々が訪れています。

この山科に居住中での体験で、多くの作品が生まれたそうです。

『山科の記憶』『痴情』『晩秋』などが生まれた地と記されてます。

多くの歴史が刻まれている地 山科

一度足を運んでみてください。

 

小さなお話し

カテゴリー その他

みなさま、おはこんばんにちは!

いつも当館のブログを見て頂きありがとうございます。

まだまだ寒い日が続きますが、

お風邪などひかれませんようお気を付けください。

さて、今回はちょっとしたテーブルマナーの雑学をお話ししてみようと思います。

左の写真はパーティ会場でおなじみのテーブルセッティングです。

テーブルマナーだからナイフ・フォークの持ち方は、よく聞くお話。

しかし今回は椅子に焦点を合わせます。


パーティで自分の席に案内された時、あなたはどちらから椅子に着席しますか?

右?左?

本来は左側から椅子に入り着席する

というお話があります。

では、それは何故か?

その昔、貴族達は食卓の場でも刀や剣を腰に提げていました。

そして、その剣は左の腰に提げられています。

刀や剣を提げたまま椅子に着席するには右からだと剣が邪魔で座りにくい!!

という事がきっかけで椅子に着席する際は左からという風になったということです。

以上、京都洛東迎賓館より、小さなお話しをお届けいたしました。

 

表彰状♪

カテゴリー お料理, その他, 京都洛東迎賓館について

皆様、いつも当館のブログをご覧いただきありがとうございます!

この度は、当館の社長・大野木が、京都市より長年の食品衛生の向上に尽力したことに対し

平成27年度京都市食品衛生功労者として表彰されました!

 

当館の創業時よりの食品衛生に対する基本を守り、

お客様に喜んで頂ける料理を提供させて頂いたことが認められ、

私たち従業員も大変光栄に思うと同時に、より一層気が引き締まる思いです。

またこの受賞は当館だけの努力だけではなく、これまで当館に対し

食材を提供して頂いている協力会社の皆様の多大な協力があってこそだと考えております。

これからも、おごることなく初心に立ち返り、お客様に対し安心安全をモットーに料理を提供し

食を通じて社会に貢献したいと考えております。

皆様、是非今後とも洛東迎賓館をよろしくお願いいたします!

 

 

 

納涼会★

カテゴリー お料理, その他, 京都洛東迎賓館について

みなさん、こんにちは

 

昨日は台風の影響で強い風が吹いていましたが、皆様大丈夫でしたでしょうか??

私は、帰路につき5分も経たず、傘が壊れてしまいました(×_×)

 

 

そんな中ですが、当館では毎年恒例の納涼会が行われました

頃大変お世話になっている方々をお招きして、お食事とジャズを楽しんでいただくイベントです

 

料理長自慢のフルコースが、いつものようにふんわりといい香りを漂わせながら、

皆様の元へ運ばれていきます

 

そして、少し場が和やかになってきた頃、1回目のジャズライブです!!

 

外は、嵐のように激しく風が吹いていましたが、

会場内ではゆったりとしたジャズの演奏が奏でられ、

別世界にいるような雰囲気でした

 

そして、時間を空けて2回目のライブもあり素敵な時間でした!!

演奏してくださったのは、こちらの3名です

 

じゃんっ

 


ボーカル :百合子 san

ギター :北脇 久士 san

べース : 西尾 寛之 san

 

素敵な演奏をありがとうございました

 

さて、季節はまた1つ先へ進もうとしていますね。

 

これから秋のブライダルシーズンへ

 

季節の移ろいも、これからの婚礼もとっても楽しみです

 

 

☆梅ジュース☆

カテゴリー お庭, その他, 京都洛東迎賓館について

皆様こんにちは

いつもブログをご覧いただきまして、ありがとうございます

毎日異常なくらい暑い日が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか?

この気温と湿度でとろけそうになりますが、

しっかり暑さ対策をしていただき、楽しい夏を過ごしましょうね

 

さて、本日は前回ご紹介いたしました「梅ジュース」のご報告です。

あれから約1ヶ月半経ちましたので、瓶の様子を見てみました!

 

すると、氷砂糖は全て溶けており、

漬けた時はガラス瓶の上部まであった梅が半分くらいになるまで縮んでおりました。

きっと梅の水分は美味しい梅ジュースになってくれたのだと思います

ジュースの色はほぼ無色透明で、うっすら梅の色がついているかな?という感じでした。

 

≪つける前≫

 

≪つけた後≫

あの鮮やかだった緑色の梅が、こんな感じになるのですね…(笑)

 

そして、早速味見をしてみました

原液だけですと少し濃いため、炭酸水で割って飲んでみると、

梅の味がしっかりとついたあま~い梅ジュースでした

 

きっとかき氷やヨーグルトにも合うと思います

機会がございましたら、皆様もぜひお試しください。

 

☆梅の実☆

カテゴリー その他

皆様こんにちは

6月も下旬となり本格的に蒸し暑くなってきましたが、

いかがお過ごしでしょうか?

お出かけの際は水分補給をしっかり取っていただき、

くれぐれも熱中症対策にはお気を付けください

 

さて、本日は手作り梅ジュースの作り方をご紹介したいと思います

先日当館のガーデンに咲いておりました梅の実を収穫いたしまして、「梅ジュース」を作りました

まずは1つ1つヘタをきれいに取り除き、水洗いをした後

水気をしっかりとふき取ります。

ちなみにこちらの写真はまだヘタを取る前です(笑)

作業工程の写真を撮りそびれてしまいました

 

瓶に梅を敷き詰め上から氷砂糖を入れるという工程を繰り返し行い、

梅と氷砂糖が層になるようにしていきます。

割合は梅と砂糖が1:1がおすすめです。

 

こちらを直射日光の当たらない涼しいところで保管し、

氷砂糖が全て溶けると出来上がりです

美味しい梅ジュースができるよう、しっかりと観察していきたいと思います

 

 

ハナミズキ

カテゴリー その他

皆さまこんにちは

いつも当館のブログをご覧いただきありがとうございます

サクラの時期は雨続きでしたが、ようやく春らしいお天気になって来ましたね

 

『ハナミズキ』の季節です

山科駅から当館までの道のり、「外環三条」の交差点でも、白・ピンク二つのハナミズキが楽しめます

この時期は出勤途中の信号待ちも苦にならず、毎朝爽やかな気分になれます

【永続性】・【返礼】などの花言葉があり、

「返礼」は、1912年、東京市長がワシントンへサクラを寄贈した際、

そのお返しとして日本へハナミズキが贈られたことに由来しているそうです

そしてハナミズキというと、有名な曲がありますよね

「きみと好きな人が百年続きますように・・・」

当時は結婚式でもよく耳にしました

ハナミズキを見るとこの曲が浮かび、そのときの披露宴が想い出されます

 

皆さまも山科駅から当館へお越しの際は、信号待ちのひと時をぜひ楽しんでみてください

 

勲章

カテゴリー その他, 京都洛東迎賓館について

皆様こんにちは

いつも京都洛東迎賓館のブログをご覧いただきまして、ありがとうございます。

 

ついに3月がスタートいたしましたね

3月と言えば、卒業式シーズンということもあり、よく旅立ちや別れの季節と言われたりしますが、

それを乗り越えると新しい出会いの季節でもあります。

 

こらから気候も暖かくなり、外で過ごしやすくなりますので、

皆様にとって新しい素敵な出会いが訪れるといいですね

 

さて、本日は京都洛東迎賓館について少しご紹介をさせていただきます。

当館は昭和14年に建設され、かつて吉田茂内閣の国務大臣などを務めた大野木 秀次郎のお屋敷でした。

当時から数多くの著名人が訪れ「山科御殿」とも呼ばれるほど、歴史ある建物です。

 

そんな大野木 秀次郎の50回忌の法要が、先日無事に執り行われました。

こちらの写真はその時に展示した「勲章」です。

当時の天皇陛下から頂かれたもので、勲一等瑞宝章という最高位の勲章と言われております。

しばらく館内に飾っておりますので、歴史にご興味がおありの方は、

ぜひ訪れてみてください

 

 

 

 
 
 
ページ上部に