玄関見付花コレクション

 

皆さま、こんにちは
いつも当館のブログをご覧いただきありがとうございます。

京都は連日の猛暑で早くも夏バテ気味です。
今週末は台風が本州に上陸するようですので、皆さまお気をつけてお過ごしくださいね。

さて本日は、当館でのご婚礼で飾られた「玄関見付花」をご紹介させていただきます。

「玄関見付花」は、玄関の目印になるようなシンボリックな装花で、
当館では大玄関の柱の前に壺花で飾らせていただいています。

まずこちらは6月のご婚礼で、菖蒲と芍薬(しゃくやく)をメインにした装花です。
優しい色合いの芍薬とシャープなラインの菖蒲の対比が素敵ですね

春には、桜の枝やミモザを使った玄関見付花もご用意させていただきました。

「華やかに&ダイナミックに」というリクエストにお応えして、
枝ものをふんだんに使った装花です。

同じように枝ものを使っても、秋にはこんな雰囲気で

緑と紅葉した楓の両方を楽しめますね!

装花については、カップル様とフローリストで直接打合せをしていただき、
イメージや季節感、お色、お好みの花材など、どのようなことでもご相談いただいています。

実際の打合せでは、これまでの装花のサンプルや花図鑑を見ながらご希望をお伝えいただけますので、
お花の名前などが分からなくても大丈夫です!

お二人のご婚礼を彩るアイテムの1つ、「玄関見付花」は、
まだまだたくさんのサンプルがありますので、ご覧になりたい方はお気軽にスタッフへお声がけくださいね

 
 
ページ上部に